マンション査定の際の階数

マンションを売ろうと考えている時には、まず査定を行ってもらう必要があります。
それはなぜなのかというと、今のマンションにどれくらいの価値があるのかという事を理解しておかないと、実際にマンション売却するときに価格の相場が分からないからです。

そしてこの価格を決定する際には、たくさんの条件が目安になってきます。

例えば立地条件や築年数と言ったところは大きな目安となります。
この他にも間取りや方角などと言った点も確認されます。

そしてマンション査定の場合には階数というのも大きな目安となってきます。
戸建ての場合には階数というのはあまり関係何のですが、マンションの場合には、階数が高い方が金額も高くなる傾向になります。

これは周辺環境によっても異なりますが、例えば視界を遮る建物があまり周りにないマンションの場合には、高層階の方が景色がいいので価格が上がる可能性があります。
しかし逆に部屋の横に高速道路や線路がある場合には、低層階の方が査定金額が上がる可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ